★★It's New!★★

人形専門ブログができました

みてね~(*'ω'*)

せみません💦
すでにお休み中です(;^_^A

 

Creema のネットショップ!

ギフトにオススメ♡

現在は販売していません‥

恐山ってどんなトコ?

日本三大霊場のひとつ恐山(おそれざん)。

イタコの口寄せとか、賽の河原とか、寺山修司(青森県出身)の「田園に死す」とか、いろんなイメージが浮かびますよね。

2日目、ケンイチくんと姪っ子のちーちゃんが連れてってくれました。

名前も怖いし、どんなトコなんだろ~(今回も予習ゼロ)

 

場所はココ↓↓↓ 本州最北の下北半島です。

恐山は5月から10月の間だけ開山で、冬場は行けません。

お寺があって、500円の入山料でした。

 

862年慈覚大師円仁は「東へ向かうこと三十余日、霊山ありその地に仏道をひろめよ」との夢のお告げに従い諸国を行脚。

そして辿り着いたのが、この地恐山であると言われている

 

だ、そうです。

お寺の門は両端に仁王さんもいて立派。

境内は硫黄臭がたちこめていて、荒涼とした風景がいかにも恐山って感じ。

地面に湧き出ている水は温い(温泉だもんね)

そこら中に誰かが積んだ石の山が。

なぜか表札(死んだ人の名前?)やお地蔵さんの人形や風車(これが怖いんだよね)が置いてあります。

しかし、イタコってお祭りの時しかいないんですね。

恐山にいつもいるのかと思ってました。

「死者の魂をわが身にうつし、その言葉を伝えるイタコ」

ちなみに一人おろすごとに3,000~5,000円だそうです。

ちーちゃんは1万円って言ってました。

おろす人によって違うのかな?

この料金、安いんだか高いんだか‥

 

あ、アイス売ってる。

「霊場アイス」

買うしかない。

‥イマイチ。

(PKYは美味しかったらしい)

その岩場(地獄)を歩き進んでいくと最後は極楽浜に出ます。

これがまた、キレイなんだけど、ちょいブキミ。

そして、また地獄を通って帰路へ。

(せっかく地獄を出たというのに‥)

 

ちなみに境内には4つもお風呂場(温泉)があります。

お風呂場の中を覗いてみれば、なかなか良さそうなお湯。

1人12,000円(1泊2食付)で宿泊できる「恐山宿坊」もあるそうです。

(ここに泊まるって、やっぱ勇気いるよね)

お土産屋さんや食堂もあるんだよ~

 

恐山。

何かにビビッときたのか、PKYはしきりに「おもしろい、おもしろい」と喜んでいたので、行ってよかったです。

カメラを向けるたびにいちいち過剰な演出?をするPKY‥