★★It's New!★★

人形専門ブログができました

みてね~(*'ω'*)

せみません💦
すでにお休み中です(;^_^A

 

Creema のネットショップ!

ギフトにオススメ♡

現在は販売していません‥

ALWAYS 3丁目の夕日’64

知ってました?

この映画が今流行りの3Dなことを(笑)

しかも、我々は時間の都合で3Dではないバージョンを観たのです(^^;)

随所に3Dのためのサービスショット?が無理やり盛り込まれていて笑えました。

堤慎一が茶の間でご飯を思いっきり吹き出すシーンももしや3Dだったのでしょうかw

気になるw

 

館内は平日の昼間だというのにほぼ満席。

(もちろん割引日だからというのもありますが)

みんなほのぼのしたいんだな~ってあらためて思いました。

 

随所にベタな人情が盛り込まれていて、私もPKYも泣いちゃいました。

ついに3本通して、悪い人は誰も出てこなかったし、涙あり、笑いあり、暖ったかくて安心して見れる映画でよかったです。

 

でもこの映画‥ナンだろう、SFみたい

現実にも過去にもこんな世界は存在しないように思える。

なんかサザエさんみたい。

誰もが懐かしい感じで共感できるのに、すごく身近なのに、遠い世界。

誰もが本当は持ってない世界。

 

監督さんはこの映画、どういう感じで撮ったんだろう。

なんかこの世界観が好きで、のめり込んで撮ったとはとても思えない。

すごく冷静にブレなく、計算して撮った感じがするのは私がひねくれてるのかな。

でも悪い意味じゃなくて、いい仕事してるな~って思う。

 

ま、名作映画というよりは、娯楽映画ですね。

楽しかったです!